一服中の男性とチャンピックスの画像

喫煙者の方は、物事や時間に一区切りがついたときや持て余しているときなどに、つい一服してしまいがちですが、禁煙を考えているならチャンピックスをお試しになってはいかがでしょうか?

韓国でも咳などの禁断症状も緩和するチャンピックス

最近では国内での喫煙場所を探すのが困難だったり、健康ブームによって喫煙者の肩身が狭くなってきたことから「禁煙」目的で外来診察に病院へ足を運ぶ方が目立つのが現状です。
そんな時、タバコを吸うことでニコチン依存をしていた身体が得ていた「喫煙による満足感」「快楽感」を妨げることで合理的な禁煙対策として病院でも処方されているのが「チャンピックス」です。
チャンピックスは、バレクリンと言う成分を含んでいることで喫煙時に体内に結合したニコチンが「満足」「快楽」と言う感覚をつかさどる「ドーパミン」の約半分の量のドーパミンを発生することで、イライラするといった禁断症状を抑えられるのが特徴的です。
それに加えてバレクリンには体内に入り込むと長時間体内を占領し、血液の中にも一定濃度のバレクリンを潜伏させることでニコチンを体内に結合させる邪魔をしてくれる役割があることで、タバコを吸っても「おいしくない」「満足感が感じられない」と言う体質に変化させる特徴もあるのです。
これによって喫煙への逆戻りを避けられると同時に、徐々に「たばこの煙の嫌悪感」などを感じる体質に変化させることで禁煙に成功させる道のりに繋がっていくのです。
このように万が一禁煙中に喫煙した時でも「喫煙したい欲求」を緩和してくれる効果は、韓国の被験者を対象にした実験で実証されてるほどで日本でも禁煙成功率は約65%以上の高い実績もあるほどです。
またイライラするといった禁断症状でけではなく、咳やのどの痛み・痰がでるといった禁断症状が現れにくいのも特徴の一つです。
病院では何度も禁煙に失敗した人、ヘビースモーカー、ニコチンパッチを使って禁煙に失敗した人、重篤な不整脈がある人、ニコチンパッチやニコチンガムが使えない人にも向いていることで禁煙処方としてよく扱われる薬でもあります。