一服中の男性とチャンピックスの画像

喫煙者の方は、物事や時間に一区切りがついたときや持て余しているときなどに、つい一服してしまいがちですが、禁煙を考えているならチャンピックスをお試しになってはいかがでしょうか?

チャンピックス使用で痩せる症状となる場合とは

禁煙治療薬の1つにチャンピックスがあります。禁煙の治療には、喫煙とは異なった方法でニコチン摂取を行なうことで効果が期待できる、いわゆる、代替え禁煙補助剤等が知られていますが、チャンピックスは全くニコチンを含まない、これまでとは異なった飲み薬となっています。使用するにあたっては医師の指導のもとに処方が行なわれることになり、ここでは副作用等に関しても理解をしておく必要があります。
チャンピックスは、ニコチンへの欲求を下げることができるように作られています。タバコを吸ったときに美味しいと感じさせなくする働きがあり、服用することで、タバコを吸う習慣を生活から取り除いてしまうという方法となっています。喫煙では、ニコチン受容体と呼ばれる脳の部分に反応することで快楽物質である伝達物質ドーパミンが分泌されます。そのために、禁煙をした場合にはニコチンの摂取ができなくなることでドーパミンが一時的に分泌されなくなり、結果、イライラや焦燥感等を覚えることになります。チャンピックスは、ドーパミンの分泌を促してくれる働きを持っており、そのために、禁煙による禁断症状を抑えながらの治療を行なうことができるようになっています。
チャンピックスには使用するにあたっての注意点や、いくつかの副作用が指摘されていますが、副作用の1つに消化器に関する内容があります。症状としては、吐き気と下痢があり、そのために、食欲への欲求が減少してしまい痩せることになってしまいます。通常、禁煙後においては太る場合が多く見られますが、このような副作用がある場合には痩せてしまう場合があり、十分に注意をする必要があります。人によっては食事を取るのにも苦労する場合もあり、症状がきつい場合には医師の診断を受ける必要があります。