一服中の男性とチャンピックスの画像

喫煙者の方は、物事や時間に一区切りがついたときや持て余しているときなどに、つい一服してしまいがちですが、禁煙を考えているならチャンピックスをお試しになってはいかがでしょうか?

チャンピックスは20日目から安定、正規品保障

チャンピックスは禁煙のための薬であり、ニコチンの代わりに脳にあるニコチン受容体に結合して、ニコチンを結合した時よりも少ないドーパミンを放出させます。
そうすることによってニコチン切れの禁断症状を抑えることができ、タバコの美味しさを感じさせないようにしますから徐々に身体をニコチンがなくてもいいようにさせていく薬になるのです。

禁煙を始めて最も辛い時期になるのが1週目から2週目ぐらいになります。
始める時はチャンピックスを服用して、8日目から禁煙を開始して、最終的には12週間服用し続けることになります。
初めはどうしてもニコチンを手放せないですからタバコとチャンピックスを併用する形になりますが、少しずつタバコは美味しくないと感じさせていきます。

そうすると峠を過ぎまして、20日目頃には安定してきます。
しかし、本当に止められるのか、タバコは吸いたくならないのかといった不安が出るのも20日目ぐらいの安定した時期になります。
この時にストレスなどに負けてタバコを吸ってしまうといけませんので、医師に相談したり、吸いたくなったらガムを噛むなど事前に対策を考えておく必要があるでしょう。
いくら安定してきても精神的な不安からタバコを吸ってみようと思うことが多いので、事前に心構えをしておくことは大切です。

またチャンピックスの使用で禁煙が失敗する理由の多くが通院が難しい場合です。
チャンピックスは12週間服用し続ける必要があり、自己判断で止めてしまった人が多いのです。
禁煙外来を利用している人が多いのですが、通院がどうしても蒸すが志位場合はチャンピックスを個人輸入して利用されている方も多いです。
正規品保障のチャンピックスを購入することもできますので、通院が難しい方はこちらを利用するのも良いかもしれません。